ヤクルトレディの1日

ライフステージに合わせてさまざまな働き方が可能です。
ここではヤクルトレディの1日の流れを紹介します。

ヤクルトレディの1日(例)

8:30

子どもと一緒に自宅を出発

センターに保育所が併設されているので、安心して働くことができます。

8:45

ヤクルト保育所に到着

ヤクルト保育所の多くは少人数保育。お一人おひとりにきめ細かい対応をしています。
仲良しのお友達や先生がいるので、お子さまにとっても楽しい一日の始まりです。

~9:00

職場(ヤクルトセンター)に到着

制服に着替えて身支度をチェック。今日お伺いするお客さまの商品とお届け時間を確認します。お届け時間に合わせて訪問する順番を調整します。

9:15

準備ができたらセンターを出発

1日20~30軒前後のお宅に訪問します。
「今日も待っていたよ」「いつもありがとう」とお客さまからいただける一言が毎日の励みになります。

13:00

休憩 ほっと一息、楽しい時間を

ヤクルトレディは、家庭も仕事も両立するワーキングママが中心。
同じ立場の人が多く働く職場だからこそ、仕事の相談はもちろん、プライベートの話や子育ての悩みなど話題がつきません。

14:00

休憩後は翌日の準備

今日の売り上げを計算したり、翌日のお客さまの商品を用意します。
前日に準備を終えているので、翌朝もスムーズに出発することができます。

14:30

お子さまを保育所へお迎え

保育所の先生から一日の様子を聞いたり、子育ての相談もしばしば。
「今日はお友達とどんな遊びをしたの?」おしゃべりしながら一緒に帰宅。
お子さまも自分も日々成長していることを実感できます。

ヤクルトレディに
少しでもご興味がありましたら、
お気軽にお問い合わせください。

資料請求 応募フォーム